マタニティー歯科

キービジュアル

妊婦さん歯科検診

イメージ

妊婦さんの歯肉は炎症を起こしやすい状態にあります。その原因としては、ホルモンバランスの変化による唾液の分泌の減少、御体調によっては歯ブラシが困難な状況にあることが考えられます。そのため清掃性が低下し歯肉炎を起こしやすくなるのです。歯垢(しこう)、歯石の除去など妊婦さんは普段以上にお口のケアが必要といえます。
歯科治療の範囲が限られますが、妊娠中の方、授乳中の方への歯科治療も行っております。お困りのことがありましたら御相談下さい。乳幼児をお連れの方もご遠慮なく来院下さい。

~「マイナス1歳」から始めたい虫歯予防~

もともと虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、まったく存在していません。
虫歯菌は多くの場合、母親からうつることがわかっており、生後1歳半~2歳半の頃に感染します。したがって妊娠時からお母さまが虫歯の予防処置や治療をきちんと行い、お口の中を清潔に保つことは、お子様の虫歯予防にもつながるのです。
また、乳歯の形成は胎生期7週目から、永久歯は妊娠4~5ヶ月頃から始まります。
そのためお子様の虫歯予防は、妊娠期(マイナス1歳)から始めることがとても効果的と言えるのです。