入れ歯(義歯)

キービジュアル

入れ歯の作成・調整

イメージ

入れ歯を入れたものの、「痛くて噛めない」「外れやすい」「合わなくて困っている」といった悩みをお持ちの方が少なくありません。
当クリニックでは、しっかり噛めて、なおかつ痛みや違和感の少ない入れ歯を目指して、製作・調整を行っております。

合わない入れ歯による全身症状

合わない入れ歯が原因となる主な全身症状は、下記のように様々です。製作直後は問題無く使えていた入れ歯も、長期にわたる使用により、ズレたり合わなくなったりしてきます。放っておくと「噛み合わせ」が乱れて、食べ物を噛みづらくなったり、顎の関節に影響が出たりして、痛みが生じることも少なくありません。口の中の状態は、絶えず変化しています。違和感が痛みに移り変わる前に、入れ歯が気になる方は、早めにご相談ください。

保険適用の入れ歯

健康保険を使った入れ歯には、材質やデザインにどうしても制限が出てきますが、「噛む」という入れ歯の本質的な機能に問題はありません。総入れ歯の場合、基本的には全てプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなったりしますが、修理がしやすいというメリットもあります。

入れ歯の種類

レジン床義歯

床(しょう:歯茎に密着する部分)がレジン(プラスチック)でできた入れ歯です。保険適用なので、比較的安くつくれます。しかし、顎の部分が厚いため、飲み込みにくかったり、話しづらくなったりすることがあります。また、熱が伝わりにくいため、食べ物の温度を感じにくくなりがちです。ただし、修理や調整は比較的容易です。

金属床義歯

床の部分が、金属でできた入れ歯です。薄く作れるため、発音がしやすく、違和感も少なくて済みます。また、冷たいものや温かいものの熱感が伝わりやすいので、食事をより楽しむことができます。体との親和性に優れていて適合性が良く、耐久性もあり、汚れが付きにくく、清潔です。ただ、修理が難しいうえ保険適用でないため、製作費用は高めになります。
金属床には、ゴールド床、チタン床、およびコバルトクロム床などがあります。

ゴールド床義歯

柔軟性に優れ、体への影響が少ない、優しい入れ歯と言えます。腐食しにくく、金属アレルギーの原因になりにくいのが特徴で、熱伝導性にも優れています。

チタン床義歯

チタンは、体の中に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、インプラントにも用いられています。薄くて軽いのが特徴で、お口の中に長く入れていても違和感が少なく、疲れにくいです。汚れが付着しづらい上、耐久性にも優れています。

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム合金は、入れ歯治療に長く用いられてきた信用と実績のある金属です。耐久性と快適性に優れており、金属床のなかでは比較的安く作れます。

ノンクラスプデンチャー(金具を使用しない入れ歯)

これまでの入れ歯は、部分入れ歯の場合、金属のクラスプ(バネ)を歯に引っ掛けて口の中に装着するタイプが主流でした。しかし近年、クラスプの無い入れ歯が登場しました(ノンクラスプデンチャー)。ノンクラスプデンチャーは材質が半透明で、口腔内の色と同調するため、見た目が自然で美しく、装着していても目立たず、違和感の少ないのが特徴です。また、食べものが挟まりにくく、残っている歯に負担をかけません。金属が使われていないため、金属アレルギーの方にも安心です。

マグネットデンチャー(磁石入れ歯)

歯根と義歯に、それぞれ小さいながらも強力な磁石(マグネット)を埋め込んで固定します。そのため、ぴったりと吸着し合い、いきなり落ちたり、ガタガタ動いたりすることが無く、安定性に優れています。また、バネを使用しないので、見た目も自然です。構造もシンプルなため、装着・取り外しが容易です。