乳幼児・小児歯科

キービジュアル

小児歯科

イメージ

乳歯や萌(は)えたての永久歯はとても軟らかく、虫歯菌の大好物を豊富に含んでいるため、成人の歯に比べ虫歯発生のリスクが高いと言えます。よって、ご家庭での歯磨きのみでは虫歯を防ぐことは困難であり、特に歯ブラシが行き届かない奥歯の歯と歯の間は虫歯の好発部位であります。また、小児の虫歯は進行が急速であることも特徴です。当院では歯科検診時に歯面へフッ素ゼリー(フルーツ味)を塗布することで虫歯予防に努めております。

保護者様へ

~虫歯になってからではなく、緊急にもそなえて~

『子供が歯磨きを嫌がってしまい、うまく磨けずに困っている』こちらは、乳幼児の保護者様より多く寄せられる相談であります。あきらめずに磨いていただくことが大切と考えます。それは、お子様にとっては虫歯になってしまい、治療することが一番かわいそうだからです。虫歯になってしまうと子供も大人もその治療方法に違いはありません。また、浅い虫歯(C1)であれば治療に際し、痛みを伴わないのも同様であります。しかしながら、大人でも気の進まない歯科治療にお子様の協力をえるのは大変難しく思われます。前述のように、ご家庭での歯磨きのみでは虫歯を防ぐことは困難であることから、日常生活や区の検診などで虫歯を指摘される前に、3か月に一度、定期検診を受ける歯科医院(お子様のかかりつけ)を見つけることをお奨めします。虫歯以外にも転倒などにより、お口の周囲にケガをして緊急を要することもあります。かかりつけを自覚されたお子様は、虫歯治療に対して恐怖心をもたないことが多くみられます。

~歯医者さんデビューの時期~

歯が萌えはじめたら(生後9か月前後)お越しください。遅くとも2歳~3歳までには歯医者さんデビューをおすすめします。